2010年バンクーバー冬季五輪男子500メートル銅メダリストの加藤条治(32)=山形中央高出=が25日付で所属の日本電産サンキョーを退社すると23日、同社が発表した。加藤は来年の平昌五輪に向け現役を続ける。

 加藤は山形新聞の取材に対し「今後のことは白紙」と述べた。これから新たな所属先やスポンサーを探すという。一方で「自分の意思で動いている。ネガティブな話ではない。本気で挑戦をする。前向きに頑張りたい」と話し、平昌五輪に向けて「全力で取り組んでいきたい」と強い意気込みを語った。活動拠点は従来通り、エムウエーブがある長野市になる見込み。

 昨夏からチームの監督を兼任していた加藤はシーズン終盤...    
<記事全文を読む>