大相撲春場所12日目は23日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われ、東十両12枚目の朝乃山(23)=富山市呉羽町出身、高砂部屋=は、東十両6枚目の山口に押し出しで勝ち、2連勝で通算成績を7勝5敗とし、来場所の十両残留をほぼ確定的にした。13日目の24日は、勝ち越しを懸け東十両9枚目で同じ7勝5敗の大奄美と対戦する。

 朝乃山は激しい立ち合いからそのまま勢いよく前に出て、最後は山口にはたき込まれながらも、体を預けて押し出した。「相手が引いてくるのは想定内。冷静に対応できた」と振り返り、「前に出て相手を引かせる相撲ができた。今場所で1番良い内容」と晴れやかな表情で話した。

 価値ある7勝目に...    
<記事全文を読む>