26日から神奈川県で始まるソフトボールの春季全日本小学生女子大会に、愛媛県の伊予バンビーズスポーツ少年団が出場する。主将の篠崎凉那(11)は「まずは初戦突破。ミスを減らして勝ちにつなげたい」と力を込める。

 県内では数少ない女子のみのチーム。伊予市のグラウンドを拠点に、中予地域の小学1~5年生12人で活動している。

...    
<記事全文を読む>