花巻市下根子の富士大(岡田秀二学長)は21日、4月から新組織「スポーツ振興アカデミー」を設置すると発表した。大学の人材や研究成果、施設などを活用し、多様なプロジェクトで大学の活力を社会に還元する構想も明らかにした。

 岡田学長は会見で「地域の疲弊など内外の変化をとらえ、体制整備をしっかり行い、新しい基礎を築きたい」とあいさつした。

 スポーツ振興アカデミーはスポーツを通じた地方創生推進、大会運営を支えるボランティア人材などの育成を目指す。シンポジウムを開催するほか、施設開放も検討する。岡田学長は「スポーツに対する認識変更を目指す。明治以降入ってきた『体育』と異なり、本来はスポーツは生きるの...    
<記事全文を読む>