第13回都道府県対抗全日本中学生女子ソフトボール大会(26~28日・東京都三鷹市大沢総合グラウンドほか)に出場する秋田県選抜チームが、過去最高成績となる8強以上を目指し練習に励んでいる。

 U―14(14歳以下)日本代表に選ばれたエース渡部翠里(東雲2年)を軸に、県内高校チームとの強化試合を重ねレベルアップ。塚本佳穏主将(能代二同)は「目の前の試合に集中し、ベストパフォーマンスで勝ちたい」と意気込んでいる。

 メンバーは、昨年夏の全国中学校大会(全中)で3位に入った東雲・能代東・能代二の合同チームや、4年連続で全日本中学男女ソフトボール大会に出場しているクラブチーム・秋田Fスピリッツ(AF...    
<記事全文を読む>