ボウリングの全日本選手権は17日から4日間、愛知県の稲沢グランドボウルで開かれ、愛媛勢はダブルスで男子の大下耕平(桑名)、虎尾貴之(イヨテツ)の愛媛A、女子の泉宗心音(聖カタリナ学園高)、越智真南(今治南高)の愛媛Aがともに優勝した。

 泉宗はダブルス、3人戦、6人戦計18ゲームの合計スコアで争う個人総合でも2位。男女それぞれの上位選手で争うマスターズ(全日本選手権者決定戦)は4位に入った。

...    
<記事全文を読む>