大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)8日目の19日、十両の小柳(新潟市北区出身)は臥牙丸に寄り切られ、6勝2敗となった。十両は小柳ら3人が2敗で首位。

 新横綱稀勢の里は平幕の松鳳山に小手ひねりで逆転勝ちし、8戦全勝で勝ち越した。関脇高安も勢との熱戦を下手投げで制して8連勝。

 横綱日馬富士は貴ノ岩を上手投げで退け、横綱鶴竜は小結正代を寄り切ってともに6勝目。かど番の大関照ノ富士は小結御嶽海を押し出して1敗を堅持した。1場所での大関復帰を目指す関脇琴奨菊は6勝目を挙げた。

 全勝の稀勢の里、高安を1敗で照ノ富士、平幕栃煌山が追う。

...    
<記事全文を読む>