ノルディックスキーW杯は、西岡バイアスロン競技場で札幌大会第2日、距離の男女ショートクラシカルを行い、男子5キロ立位で2010年バンクーバー・パラリンピック金メダリストの新田佳浩(日立ソリューションズ)が2位となり、日本勢として今大会初の表彰台入りを果たした。星沢克(立命館慶祥高)は13位だった。

 女子2・5キロ座位では新田のんの(札幌デザイナー学院)が5位、同2・5キロ立位の阿部友里香(日立ソリューションズJSC)は6位。男子視覚障害5キロの高村和人(盛岡視覚支援学校教)、女子視覚障害2・5キロの中島由貴(松本盲学校)はともに5位だった。

...    
<記事全文を読む>