大相撲春場所8日目(19日、エディオンアリーナ大阪)の郷土勢は、幕下の大岩戸(鶴岡)は鳩岡をはたき込みで下し、土つかずの4連勝で勝ち越しを決めた。三段目の北勝鶴(鶴岡)は琴翼を外掛けで破り、3勝目。

 序二段の琴大興(東根)は栃満に下手投げで、高倉山(米沢)は足立に寄り切られ、ともに敗れた。高馬山(米沢)は伊藤を押し出し、4勝目を挙げ勝ち越し。ほかは取組がなかった。

...    
<記事全文を読む>