【東京支社】NPO法人スクラム釜石(石山次郎代表)などは18日、東京都内で2011年に地震被害を受けた東北とニュージーランド・クライストチャーチ市の復興を願うチャリティーイベントを開いた。新日鉄釜石の黄金時代を支えた松尾雄治さんら本県にゆかりの深いラグビー関係者らが登壇し、釜石市で19年に開かれるワールドカップ(W杯)成功に向け、地域一丸となることを期待した。

 松尾さんと、釜石シーウェイブスRFCでもプレーした元日本代表主将でクライストチャーチ市出身のアンドリュー・マコーミックさん、19年W杯の大会アンバサダーを務める元日本代表主将の大畑大介さんの3人が、首都圏在住のラグビーファンや釜...    
<記事全文を読む>