26日まで大阪で開催中の大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)を、兵庫ゆかりの力士たちが沸かせている。幕内には、業師として人気の宇良(関学大出)に20歳の新鋭貴景勝、実績十分の妙義龍が、十両にはともにたたき上げの北●磨、照強が陣取る充実ぶり。関取を目指す若手も、土俵上で火花を散らせる。満員御礼が続くご当所で張り切る力士たちを紹介する。(伊藤大介、有島弘記、宮崎真彦)

...    
<記事全文を読む>