女子レスリングで五輪3連覇の吉田沙保里選手を招いたチャリティートークショー(福井新聞社後援)が18日、福井県のサンドーム福井で開かれた。「夢」をテーマに、小学生のころの夢や五輪を目指し始めた中学生時代の思い出、今後の目標などを笑いを交えて話し、「夢は大きく持って」と会場に呼び掛けた。

 福井県の鯖江王山ライオンズクラブの30周年と丹南高生でつくる鯖江王山レオクラブ15周年の記念事業の一環。「最強女子」の話を聞こうと、クラブ関係者や市民ら約1500人(主催者発表)が来場した。

 盛大な拍手に迎えられ登場した吉田選手は、「小さいころからオリンピック出場が夢だったか」という質問に「×」を掲げ、会...    
<記事全文を読む>