日本陸連は17日の理事会で、強化選手で最高のゴールドにリオデジャネイロ五輪の男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した山県亮太(セイコーホールディングス)桐生祥秀(東洋大)飯塚翔太(ミズノ、藤枝明誠高出)ケンブリッジ飛鳥を新たに指定したことを報告した。他に男子でリオ五輪50キロ競歩銅メダルの荒井広宙(自衛隊)や20キロ競歩の松永大介(東洋大)と藤沢勇(ALSOK)や棒高跳びの沢野大地(富士通)が加わった。20キロ競歩の高橋英輝(富士通)は継続となった。

 シルバーには男子20キロ競歩の山西利和(京大)と女子マラソンの安藤友香(スズキ浜松AC)が指定された。

...    
<記事全文を読む>