アイスホッケーアジアリーグのプレーオフ(PO)は18日開幕、3戦2先勝方式のファーストラウンド1回戦2試合が行われた。レギュラーリーグ6位のHC栃木日光アイスバックスは北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで同3位の王子に延長戦の末4-3で競り勝ち、準決勝進出に王手をかけた。

 バックスは第1ピリオド、GK福藤豊(ふくふじゆたか)を中心に無失点でしのいだ。第2ピリオド7分37秒、パワープレー(PP)で追い付くと、1点を追う第3ピリオド6分20秒は、再びPPからDF伊藤剛史(いとうごうし)のミドルで同点。5分後にはFW古橋真来(ふるはしまくる)のゴールで一時勝ち越した。

 サドンビクトリー方...    
<記事全文を読む>