7人制ラグビー大会「2017関西セブンズフェスティバル」が4月1、2日、大阪市鶴見区の鶴見緑地球技場で開かれる。優勝チームがジャパンセブンズ(7月、東京・秩父宮ラグビー場)の出場権を得る予選会で、関学大や六甲クラブなど16チームが出場する。

 大会は今年で4回目。7人制は五輪種目として昨夏のリオデジャネイロ五輪で初めて実施され、日本は主要大会で初の4強入りを果たした。

 大会にはトップウエスト4チーム、関西大学Aリーグから8チーム、クラブチーム3チームに加え、若手の日本代表候補のチームも出場する。トップリーグチームの選手による子ども向けラグビークリニックもある。

 7人制日本代表で関学大の新...    
<記事全文を読む>