アイスホッケーアジア・リーグは18日から、レギュラーシーズン(RS)上位6チームによるプレーオフのトーナメント戦が始まる。青森県八戸市などを本拠地とする東北フリーブレイズは、同市のテクノルアイスパーク八戸で行われる1回戦(2戦先勝方式)で日本製紙クレインズと激突。選手たちは「いい準備ができた。強い気持ちで戦う」と、2年ぶりの頂点を目指し闘志を燃やす。

...    
<記事全文を読む>