障害者ノルディックスキーワールドカップ(W杯)札幌大会が18日、札幌市豊平区の西岡バイアスロン競技場で開幕する。スキー距離とバイアスロンの「視覚障害」に出場する日本代表の高村和人選手(34)を支えるのは、旭川出身の藤田佑平さん(24)。国内に数少ない先導役のガイドで、コーチも務める。まさに一心同体で大舞台に臨む。

 「はーい、はーい」。17日の公式練習。高村選手の前を滑走する藤田さんが声を出し続けた。声はマイクを通じて背中のスピーカーから高村選手に届く。「はーい」は直線を意味し、カーブや下り坂でも合図を出す。「他の選手とぶつからないようにどのガイドよりも多く声を掛けるようにしている」と強...    
<記事全文を読む>