◇大相撲春場所<6日目> 新横綱稀勢の里は全勝同士の対戦で平幕宝富士を一方的に寄り切り、6連勝とした。

 横綱鶴竜は松鳳山に突き出されて2敗目を喫した。松鳳山は4個目の金星。横綱日馬富士は嘉風を辛くも引き落として4勝目を挙げた。かど番の大関照ノ富士は、無敗対決で関脇高安に押し出された。大関復帰を目指す関脇琴奨菊は4勝目。全勝は稀勢の里、高安、平幕栃煌山の3人。

    ◇ 大関と関脇の全勝対決。熱戦を求める館内中の期待を、高安が一瞬で驚きに変えた。

 胸から当たっていった立ち合い。「しっかりはじき飛ばした」と照ノ富士を土俵際まで一気に運び、ほぼ勝負を決めた。鋭い動きで土俵下へ押し出し、悠然と...    
<記事全文を読む>