スピードスケート女子500メートルで今季の出場レースを全て制し、2季ぶりにワールドカップ(W杯)種目別総合優勝を果たした茅野市出身の小平奈緒選手(30)=相沢病院=が17日午前、同市役所を訪れ、柳平千代一市長に今季の成績を報告した。地元の人たちの声援に感謝し、平昌冬季五輪がある来季への意気込みを語った。

 小平選手はW杯総合優勝のカップを披露し、「地元からの熱い応援が届き、いい成績を残すことができた」と感謝。柳平市長が小平選手の500メートルの滑りについて、最後の100メートルの加速が印象的と話すと、「一番爽快感があるところ。見ている人もわくわくするようなレースができると、滑り終わって気...    
<記事全文を読む>