日本アイスホッケー連盟は16日、「男子世界選手権ディビジョンⅠグループB」(4月15~21日・スロベニア)に出場する18歳以下の日本代表22人を発表した。青森県関係では、GKの冨田開(堀口中―早実高)と畑中秀斗(八戸二中―苫小牧工高)、DFの中村宗史(工大一高)、FWの杉本華唯(八戸二中―駒大苫小牧高)と田名部共弘(工大一高)の計5選手が選ばれた。GKコーチとして八戸商高の白鳥洋コーチが帯同する。

...    
<記事全文を読む>