2018年秋の福井しあわせ元気国体、福井しあわせ元気大会(全国障害者スポーツ大会・障スポ)の実行委員会は16日、運営を審議する常任委員会を福井県国際交流会館(福井市)で開いた。福井国体の競技別プレ大会について、17年度以降に開かれる36競技43種目の全日程が示された。4月30日に大野市で行われるカヌー競技を皮切りに、18年7月まで続き、本番への準備が本格化する。

 プレ大会は、国体本番と同じ会場でそれぞれ全国や北信越レベルの大会を開く。各競技団体と地元の市町が大会運営を担い、地元のボランティアも参加する。5月下旬に鯖江市で開かれる、なぎなたの都道府県対抗大会では選手・監督を合わせて約30...    
<記事全文を読む>