◇大相撲春場所<5日目> 新横綱稀勢の里は平幕の勢を力強く寄り切って、5連勝とした。他の横綱は、鶴竜が蒼国来を押し出して4勝目、日馬富士は松鳳山を押し出して3勝目を挙げた。白鵬は右太ももなどの負傷のため休場した。

 大関陣はかど番の照ノ富士が貴ノ岩を寄り切って全勝を保った。豪栄道は豪風の肩透かしに屈して4敗目。1場所での大関復帰を目指す関脇琴奨菊は2敗目を喫した。勝ちっ放しは稀勢の里、照ノ富士ら5人となった。

     ◇ またしても盤石だった。稀勢の里は前日に白鵬を破っている勢に対し、けんか四つの差し手争いを制して得意の左四つに組み止める。深い位置で左下手をつかみ、じわじわと前へ。最後は右...    
<記事全文を読む>