大相撲の横綱白鵬(32)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=が春場所五日目の十六日、休場した。場所前の稽古中に右足裏を負傷しており、四日目まで二勝二敗と苦しんでいた。白鵬は大阪市内の病院で検査。連絡を受けた師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)は休場を明かし、「詳しいことはまだ分からないが、きのう(十五日の勢戦)も脚を打ったようで腫れていた」と説明した。

 白鵬の休場は昨年秋場所以来三場所ぶり五度目。新横綱稀勢の里を加えて十七年ぶりの四横綱となったが、第一人者の白鵬の欠場で早くも一角が崩れた。

...    
<記事全文を読む>