2場所ぶりに十両に復帰した北磻磨(兵庫県たつの市出身)は初日から4連敗。苦しい序盤戦に「切り替えないとこのままいっちゃう」と危機感を漂わせた。182センチ、125キロと細身ながら突き押しを貫く。2、3日目は前に出たところを青狼、安美錦にはたき込まれ、この日はモンゴル出身の190センチ、東龍に上手投げを食らった。

 昨夏、初土俵から85場所、龍野西中卒業から14年かかって新入幕を果たした。史上9番目のスロー出世で話題を集めた苦労人にご当所では熱い声援が飛ぶ。「頑張らないといけない」と、自らに言い聞かせるように話した。(伊藤大介)

...    
<記事全文を読む>