大相撲春場所4日目は15日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行い、東小結の御嶽海(本名・大道久司、木曽郡上松町出身、出羽海部屋)は西関脇の高安(茨城県出身、田子ノ浦部屋)に寄り切りで敗れた。3連勝はならず、2勝2敗。

 高安には3勝4敗。

 御嶽海は5日目の16日、東横綱の白鵬(モンゴル出身、宮城野部屋)に結びの一番で挑む。

    ◇ 白鵬は平幕の勢に寄り倒されて2敗目を喫した。勢は3個目の金星。横綱鶴竜は1場所での大関復帰を目指す関脇琴奨菊のすくい投げに完敗して初黒星。琴奨菊は3勝目を挙げた。

 新横綱稀勢の里は蒼国来を寄り切り、4横綱でただ一人の4連勝。横綱日馬富士は豪風を寄り切り、星を...    
<記事全文を読む>