大相撲春場所4日目(15日・エディオンアリーナ大阪)盛岡市出身で東前頭16枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、西十両2枚目の阿武咲に押し出しで勝ち、2勝目(2敗)を挙げた。

 錦木は阿武咲の当たりを受け止め、左を差して右から抱えた。たまらず相手が右の巻き替えを狙うと左からおっつけ、力強く押し出した。

 5日目は西前頭14枚目の旭秀鵬と対戦する。

...    
<記事全文を読む>