◇大相撲春場所<4日目> 横綱白鵬が平幕の勢に寄り倒されて2敗目を喫した。白鵬が4日目までに2敗したのは、途中休場した2015年秋場所以来。勢は3個目の金星。横綱鶴竜は1場所での大関復帰を目指す関脇琴奨菊のすくい投げに完敗して初黒星。琴奨菊は3勝目を挙げた。新横綱稀勢の里は蒼国来を寄り切り、4横綱でただ一人の4連勝。横綱日馬富士は豪風を寄り切り、星を五分に戻した。

 大関陣はかど番の照ノ富士が全勝をキープ。豪栄道は3連敗を喫した。

     ◇ いったん勝ち名乗りを受けたのに、審判が土俵の上に集まった。意外なタイミングで物言いがついたが、一方的に攻め続けた相撲。勢には「横綱(の体)がちょ...    
<記事全文を読む>