大相撲春場所3日目(14日・エディオンアリーナ大阪)盛岡市出身で東前頭16枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、西15枚目の徳勝龍に引き落としで敗れ1勝2敗となった。

 錦木は立ち合いの踏み込みが弱く、徳勝龍の突っ張りを受けて上体が伸び上がる。引き落とされて腹ばいになった。

 4日目は十両西2枚目の阿武咲と対戦する。

...    
<記事全文を読む>