入幕2場所目の20歳、兵庫県芦屋市出身の貴景勝が「兵庫勢対決」を制した。10歳年上で高砂市出身の妙義龍を突き落としで破り、2連勝で白星を先行させた。

 2人は高校相撲の強豪・埼玉栄高出身。後輩の貴景勝は「(妙義龍は)ずっと憧れ。胸を借りる気持ちでいった」と、先輩との初顔合わせの一番に臨んだ。

...    
<記事全文を読む>