氷見市北部中学校は十四日、昨年八月の第四十五回全国中学校ハンドボール大会(金沢市)で、男子チームが優勝したことを刻んだ記念碑を除幕した。

 優勝記念碑は幅、高さともに一・五メートル。朝野暉英(あきひで)主将ら十六人の選手と小嶋啓新監督の名前が刻まれている。二〇〇一年に同じ全中で優勝した男子チームも同様に入っている。

 ハンドボール部の保護者から記念碑を要望する声があり、実現。学校と保護者でつくる育友会、地域住民から資金を集めた。

 除幕式には三年生ら百六十人が参加。優勝チームの副キャプテンだった三年坂直哉さんや育友会の沢井洋会長らがロープを引いて幕を取った。黒光りする記念碑がお目見えすると、...    
<記事全文を読む>