女子7人制ラグビー選手の中丸彩衣さん(23)が13日、母校の厚木市立森の里中学校(同市森の里)を訪れ、生徒と交流した。

 同校出身の中丸選手は、目標としていたリオデジャネイロオリンピック出場を果たせなかったが、夢へ向かって挑戦する姿や思いを語ってほしいと、同校が集会を開いた。

 中丸選手は「代表選考から落選した時、(昨年、生徒から贈られた)応援フラッグが次の東京オリンピックを目指そうという思いにさせてくれた」と振り返った。母親の言葉で選考漏れのショックから立ち直ったことなどを話した。

 最後に、生徒たちから感謝の気持ちを込めた合唱が贈られた。

...    
<記事全文を読む>