津市新町のプラザ洞津で十三日、県スポーツ人の集いがあり、松阪市出身で、昨年八月のリオデジャネイロ五輪女子レスリング69キロ級優勝の土性沙羅さんら県ゆかりのスポーツ関係者約二百人が、五輪メダリストの講演やトークショーなどで研さんを積み、交流を深めた。

 県体育協会(竹林武一会長)が毎年度末に開催。体操男子元日本代表の水鳥寿思さんの講演、土性選手ら県出身・在住のリオ五輪入賞者への表彰などがあった。今春愛知県の至学館大を卒業する土性選手は「社会人になっても結果を残し、東京オリンピックで金メダルを取りたい」と気持ちを新たにした。

 五輪メダリストのトークショーでは、サッカー男子元日本代表で鈴鹿市在...    
<記事全文を読む>