女子ソフトボールのペヤングが、今季から日本リーグ2部に復帰する。2015年シーズン後から部員不足で休部していたが、運営するまるか食品(伊勢崎)のクラブチームを母体に再始動。同リーグで活動する県内チームは1部のビックカメラ高崎、太陽誘電とともに再び3チームとなり、競技熱のさらなる盛り上がりが期待される。◎選手21人 夏以降にセレクション チームは2009年に設立し、1年後にはリーグに加盟。13年には念願の1部昇格を果たし、県内ソフトボール界をけん引してきた。2年間の猶予期間内に復帰を申し出れば2部からの再スタートを認める規定があり、日本ソフトボール協会が昨年11月の理事会で復帰を承認した...    
<記事全文を読む>