アイスホッケーアジアリーグは18日から、HC栃木日光アイスバックスなど上位6チームが争うプレーオフ(PO)のファーストラウンドが始まる。バックスのチームマネジャーで、現役時代にはGKとして王子、日本製紙で優勝を経験した清川和彦(きよかわかずひこ)氏にPOの見どころを聞いた。

 6チームの特性を図に示しました。

 レギュラーリーグ1位のハルラ(韓国)は、バランスが非常にいいチーム。バックスは守備、連係の比重が他チームよりも高い“右下”のゾーンに置きました。

 岩本裕司(いわもとゆうじ)監督が「いい守備からいい攻撃」と言うように、組織で守り、素早く攻めるのがバックスのホッケー。それができた試合と...    
<記事全文を読む>