大相撲の新横綱、稀勢の里関を応援しようと、春場所初日の十二日、坂井市坂井町のえちぜん鉄道大関駅に番付表などと同じ書体の駅名看板がお目見えした。

 駅舎出入り口の上に掲げられた看板は縦〇・四五メートル、横一・三メートル。坂井市とえち鉄が二十五日のダイヤ改正に合わせ、三国芦原線の市内五駅で駅名変更や駅標識を刷新する一環で取り付けた。

 ホームに面した駅舎西側には電車からも見えるように春場所星取表(縦一・二メートル、横五・四メートル)も設置。稀勢の里関を大関のころから応援してきた大関小学校の子どもたちが次の横綱、大関として期待する琴奨菊関、高安関、遠藤関、宇良関の成績も、四横綱、二大関と一緒に載...    
<記事全文を読む>