持ち上げるバーベルの重さを競うパワーリフティング。二〇一五年の和歌山国体から公開競技になり、近年、注目を集めつつある。学生時代から国内外の大会で活躍し、さらに上をめざすためのトレーニングに余念がない。「世界選手権でどこまでいけるか」を目標に掲げている。

 バーベルを床に置いた状態から引き上げるデッドリフト、寝そべった状態で持ち上げるベンチプレス、肩に担いで屈伸するスクワットの三種目の合計で勝負する。筋力トレーニングとしてよく知られたメニューが思い浮かぶが、「肉体の強さだけではなく、相手選手が成功したか失敗したかを見ながら、試技する重量を決められる。こうした駆け引きもあって面白い」と、競技...    
<記事全文を読む>