大相撲春場所は12日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で初日を迎え、東小結の御嶽海(本名・大道久司、木曽郡上松町出身、出羽海部屋)は、西横綱の鶴竜(モンゴル出身、井筒部屋)と対戦。下手出し投げで敗れ、2場所ぶり2度目の三役場所を黒星発進した。

 鶴竜に1月の初場所に続いての2連勝はならず、対戦成績は1勝3敗。

 御嶽海は2日目の13日、東前頭3枚目の松鳳山(福岡県出身、二所ノ関部屋)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>