静岡県とラグビーワールドカップ(W杯)2019県開催推進委員会は12日、SBSテレビ番組「みなスポ」との連携イベント「ラグビースタジオ@しずおか」を静岡市駿河区のグランシップで開いた。

 県内開催される19年ラグビーW杯への機運を高めるとともに、子どもや女性を中心とした新たなファン層の拡大を図ることが狙い。トップリーグのヤマハ発動機ジュビロの清宮克幸監督と選手、県の溝畑宏スポーツ担当補佐官による講座では、実演を交えて魅力を紹介した。

 清宮監督は「百聞は一見にしかず」と来場者に語り掛け、選手にスクラムやモール、ラインアウトなどの戦術を披露させた。競技の醍醐味(だいごみ)については、「フェア...    
<記事全文を読む>