福島県郡山市郊外にある「のんびり温泉」に、重量挙げのトップ選手を育てる施設がある。1964年東京、68年メキシコ両五輪の男子フェザー級で金メダルを獲得した三宅義信さん(77)=宮城県村田町出身=の名を冠した「三宅道場」。地元の高校生も利用しており、地域の競技力向上に貢献している。

 三宅道場は同じ福島県の西郷村にあったが、東日本大震災に伴う福島第1原発事故の影響で2011年秋に使えなくなった。運営していたNPO法人「ゴールドメダリストを育てる会」理事長の三宅さんが、理事でもあるのんびり温泉の前山健一社長(76)に道場再開を相談し、14年10月に現在の場所に開設した。

 約200平方メートル...    
<記事全文を読む>