相模原ギオンスタジアム(相模原市南区)で11日、「相模原クロスカントリー大会2017」が開かれた。ウッドチップや芝生舗装を施した全国でも数少ないクロスカントリー仕様の常設コースを利用し、県内外の実業団、大学、高校、中学のトップランナーら計470人が計6部門に出場した。市、市教育委員会、市体育協会などの主催。

 箱根駅伝で「山の神」と呼ばれた青山学院大出身の神野大地選手(コニカミノルタ)がゲストランナーとして参加。中学生男子の部(3キロ)で先頭集団を引っ張り、後半は最後尾の選手を励ましながらゴールした。同部門で優勝した金子伊吹さん(15)=鎌倉市立手広中3年=は「神野選手がいたので追いつこ...    
<記事全文を読む>