バドミントンの全英オープンは10日、英国のバーミンガムで各種目の準々決勝が行われ、女子シングルスで福井県立勝山高校出身の第7シード、山口茜(再春館製薬所)が第4シードの孫瑜(中国)に2―1で勝って、4強入りを果たした。

 世界ランキング4位の山口は第1ゲームを21-23で落としたが、第2ゲームを21-14、第3ゲームを22-20で奪って逆転勝ちした。

 11日の準決勝で元世界選手権女王のラチャノック・インタノン(タイ)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>