柏崎市の水球チーム「ブルボンウォーターポロクラブ柏崎(ブルボンKZ)」の2016年度報告会が、柏崎市の市民活動センターまちからで開かれた。小学生から社会人までの各チームが今シーズンの試合結果を報告し、来年度のさらなる飛躍を誓った。

 3日の報告会では、青柳勧・ゼネラルマネジャーがリオデジャネイロ五輪でブルボンKZの4選手が活躍したことや、男子社会人チームが日本選手権で準優勝したことなどを報告。約150人の市民らが参加し、選手約100人と交流を深めた。

 リオ五輪に出場した筈井(はずい)翔太選手は「五輪では勝てなかったが、良い経験ができた。ブルボンKZでは来シーズン何が何でも優勝したい」と意...    
<記事全文を読む>