大相撲春場所(12日初日・エディオンアリーナ大阪)に、兵庫県芦屋市生まれの稀勢の里関(茨城県出身、田子ノ浦部屋)が新横綱として臨む。兵庫のスポーツ界からも、競技の枠を超えて稀勢の里関と交流を深めてきた指導者や選手たちが、19年ぶりに誕生した日本出身横綱にエールを送っている。(永見将人)◇粘り学び全国V10誓う 飾磨工高柔道部◇ 稀勢の里関との約束を果たす-。今夏の全国高校定時制通信制大会で男子団体10連覇を目指す飾磨工高(姫路市)の柔道部員たちは、新横綱にもらった言葉を胸に精進を重ねている。

 稀勢の里関の師匠である田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が、4年前に柔道部を見学に訪れたことをきっか...    
<記事全文を読む>