昨年11月のアジアジュニア大会で3位入賞した宮本昌典が、今年最初の全国大会でトータル318キロのジュニア日本新をマーク。昨年の世界ジュニアランキング1位の記録も1キロ上回った。「優勝はそれほど意識しなかった」というものの、好記録達成での栄冠に「今日はタイミングや体の動き、キレとも全て良かった」と満足げだった。

 スナッチは試合では何度も挙げている141キロを1度失敗し、3本目で成功した。「ミスしてしまった」と振り返るが、調子は悪くなく、すぐに気持ちを切り替えた。

 迎えたジャーク。2本目で自己記録を1キロ上回る172キロ(大会新)を記録すると、「今日はいける感覚があった」という通り、練習で...    
<記事全文を読む>