大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)に東十両12枚目で臨む朝乃山(23)=富山市呉羽町出身、高砂部屋=の戦いが12日、いよいよ始まる。県出身の元関取たちは自身の経験を基にアドバイスを送り、相撲好き女子「スー女(ジョ)」らファンは期待に胸を躍らせている。

 県出身の新十両は1988年九州場所の駒不動以来29年ぶり。元駒不動の新木数人さん(51)=富山市水橋新保新町=は自身以来となる郷土の新十両に「緊張しても体が勝手に動くくらい稽古をしっかり積んで挑んでほしい」とエールを送る。

 新木さん自身は新十両の場所で普段通りの相撲が取れずに負け越し、1場所で十両の座から陥落した。仕切りの時間や観客数...    
<記事全文を読む>