【シエラネバダ(スペイン)共同】スノーボードの世界選手権は9日、スペインのシエラネバダで女子スロープスタイルの予選が行われ、広野あさみ(TJR、滑川高出)は22・50点の25位で落選した。広野は「本当に悔しい。練習でコース状況が悪かったため回転技ができず、本番で合わせることになってしまった」と振り返った。

 女子で2連覇を狙う2015年大会女王の鬼塚雅(フリー)が93・00点で1位、藤森由香(アルビレックス新潟)が72・25点で7位となり、上位8人で争う11日の決勝に進んだ。

...    
<記事全文を読む>