【シエラネバダ(スペイン)共同】スノーボードの世界選手権は10日、スペインのシエラネバダで行われ、ハーフパイプ(HP)予選で、女子は松本遥奈(クルーズ)が88・75点で5位、大江光(バートン、龍谷富山高出)が83・75点で6位となり、上位6人による11日の決勝に進んだ。今井胡桃(バートン)は73・25点の12位で落選した。

 男子は2014年ソチ冬季五輪3位の平岡卓(バートン)が87・25点で3位に入り、上位10人で争う決勝に進出した。

 スノーボードクロス予選で、男子の桃野慎也(ウィンコーポレーション)は1分12秒87の37位で、上位48人で争う12日の決勝進出を決めた。
<...    
<記事全文を読む>