大相撲初場所で初優勝し、第72代横綱・稀勢の里関が誕生しました。日本出身力士としては1998年の3代目若乃花関以来19年ぶりで、本県出身では稲妻関、常陸山関、男女ノ川関に次いで81年ぶり4人目。12日に初日を迎える春場所の番付で西の2番目に座る稀勢の里関は、「優勝争いに絡むことが絶対条件」と新横綱としての意気込みを話しています。大相撲力士の最高位とされる横綱とは、どんな力士なのでしょうか。横綱に定員はなく、必ずいなければならない力士でもありません。横綱になる明確な基準もなく、有識者でつくる横綱審議委員会の決まりには「大関で2場所連続優勝、またはそれに準ずる成績」とあります。分かりにくいの...    
<記事全文を読む>