スノーボードの第23回全日本選手権スロープスタイル競技は9日、群馬県片品村のスノーパーク尾瀬戸倉で行われ、県勢は女子の岩渕麗楽(れいら)(ムラサキスポーツ、一関・東山中3年)が87・83点で初優勝した。

 女子は16人が出場。岩渕は予選を突破し6人による決勝に進んだ。2回滑り、得点の高い方で争う決勝は1回目に6人中トップの86・41点、2回目はさらに得点を伸ばしこの日最高の87・83点をマークした。2位の松沢優花(尾瀬クラブ)に10・75点差をつけた。

 岩渕は2015年の世界ジュニア選手権女子スロープスタイルに出場した15歳。今月5日に同会場で行われた全日本選手権のビッグエアでは3位に入...    
<記事全文を読む>