日本体育協会は8日、都内で理事会を開き、2025年に青森県で開く第80回国民体育大会(国体)を含む第78~81回国体本大会の実施競技に関し、ボクシングとクレー射撃を隔年で交互に実施することを正式決定した。それぞれの大会でどちらの競技を行うかは今後開催各県と調整し、6月16日に都内で開く予定の国体委員会で協議する。

...    
<記事全文を読む>